広告




今日は夏野剛さんのタックスヘイブン関係のツイートを紹介します。

2013年9月10日のツイート
ホントのバカだな。そんなことできると思ってんのか。
RT @_zonish: あとご自身が勤められているドワンゴ、
タックスヘイブンを利用して、日本への納税を回避している
ことについてどう思っていらっしゃるのですか? 
http://nicoviewer.net/sm21141224  @tnatsu

広告



2016年4月のツイート
してないよ。
RT @altaalt: @tnatsu @_zonish 言質取っとこう
夏野さん、ドワンゴはタックスヘイブン利用して租税回避はしていない。
断言出来ますか?

なんだかネットでお祭り状態だが、取引内容が問題であって、
名前があっただけで怪しいという扱いするのはバカ者。
国際投資やMA取引でタックスヘイブン使うのはグローバルビジネスの常識。

弁護士の方ならこの動画の中の情報が、
ドワンゴが単にskysoft という会社(後にKDDIが買収)の株主だったと
いうことだけだということがわかるでしょうに。何も悪いことないよ。
RT @karasawalawyer1: ... http://nico.ms/sm21141224

広告

コメントする
名前
コメント

  • 1 :
    2016-04-17 01:27:25
    お前ら
    この国際社会は
    イギリス人の略奪歴史によって成り立っているんだぞ

    略奪の門のその後を入った人間は必ず略奪の道を踏む

    この国際社会という名の地獄の門の中では
    893がシノギ金の納入を要求しているのだ

    それがタックスヘイブンによる預金だ
    タックスヘイブンはイギリス発893行地獄列車の身代金だ
  • 2 :
    2016-04-17 01:54:45
    私は世界一文化に詳しいから

    例えばこの国際やくざの地獄の世界を
    きれいな絵にすることができる

    そうすれば
    たくさんのカルマの絵を書き並べた
    財務省が出来上がる
    そうして世界中の労働世界の絵画が並ぶのである
    それに基づいて行う宗教政治である

    イギリスというのは元来貧しい土地で
    貧困に喘ぐ餓鬼達がすこしの鬼を連れて
    インドに到着した
    ここでまずイギリス人たちは今までに見たことのない富に出会うわけである
    インド大陸だけでもヨーロッパ大陸中の富を全部あわせても足りないくらいの富がある
    そのためまず欲にくらんだ餓鬼であるから金目になるものをすべて奪おうとした。
    こうしてインドを貧困に困窮した荒地にすると
    次にイギリス人が向かったのは
    中国であった。うわさを聞いていた餓鬼たちはここが
    世界で一番豊かな場所であると来たのである。
    今度はうわさを聞いたフランス人なども一緒にやってきていた。

    こうしてイギリス人たちは長年の荒耕地での貧困を満たすために
    世界中で二番目一番目の豊かな場所を狙い富の数々を奪っていったのである。

    そうして餓えを満たし富を身にまとったイギリス人たちが
    低い雄たけびを上げると
    世界各地から同じように餓えた餓鬼たちが
    続々とその道に続くこととなった

    こうして世界中には略奪をする餓鬼達がはびこるようになっていったのである

    すべては餓えから始まっている
    インド中国などといった豊かな土地を略奪することでその覇権を広めた
    地獄の鬼と餓鬼たちの物語である。

    これに続いたのが日本である。


    日本国財務省経済産業省著
  • 3 :
    2016-04-17 03:31:30
    元来貧しいため
    豊かな土地を求める

    こうして土地を求め
    自主性を失う

    こうして地獄の門が開かれてしまったのだ
    土地なく自主性も育たず
    新しいインド中国を求め
    豊かさを奪ったことを忘れられない地獄の餓鬼とそれを従える鬼
  • 4 :
    2016-04-24 14:18:53
    でも違法じゃないんでしょ
    違法じゃなきゃどうしようもできんやろ

人気記事

最新記事

カテゴリー別アーカイブ

タグクラウド

最新コメント

管理人へのメッセージ

名前
メッセージ

アクセスランキング